メニュー

ナビダイヤルのご案内

女性健診

0

女性健診のご予約

受付時間: 9:00 - 17:00(土日祝除く)


望妊治療

1

診療受付予約

受付時間  : 8:30 - 13:30
平日の月水金: 8:30 - 17:00

2

検査結果の確認

受付時間: 8:30 - 診療時間内

3

費用・書類に関するお問合せ

月〜金: 9:00 - 16:30
土・日: 9:00 - 13:00

4

その他のお問合せ

受付時間: 8:30 - 18:00
火・木 : 8:30 - 13:00

妊娠報告・治療成績

生殖補助医療(体外受精など)の成績 

 

生殖補助医療の治療成績(体外受精/顕微授精/新鮮胚移植/融解胚移植)

当院において2018年から2020年に実施した体外受精などの生殖補助医療の集計データです。

胚移植あたりの妊娠率:移植周期あたりの胎嚢が確認できた割合です

新鮮胚移植:採卵した周期に胚移植することです。当院では採卵3日目に良好形態の分割胚があり、かつ移植できる条件が揃っている場合に、希望があれば移植可能としています。

融解胚移植:採卵5~6日目に移植可能に発育した胚盤胞を凍結保存し、別周期に融解して胚移植することです。


当院において2018年から2020年に実施した生殖補助医療の集計データです。
1回の採卵で、少なくとも1回の妊娠や出産があった割合です。

累積妊娠率:新鮮胚移植や融解胚移植の回数に関わらず、1回の採卵で妊娠された割合です。採卵しても胚移植にまで至らないこともありますので、このような指標を示しています。

累積生産率:新鮮胚移植や融解胚移植の回数に関わらず、1回の採卵で生児出産された割合です。妊娠されても出産にまで至らないこともありますので、このような指標を示しています。


当院において2018年から2020年に実施した生殖補助医療の集計データです。

分割胚移植(採卵3日目の新鮮胚移植)と胚盤胞移植(融解胚移植+少数の新鮮胚移植)の妊娠率の比較を女性年齢40歳未満と40歳以上に分けて示しています。

分割胚移植:当院では、初回採卵で、採卵から3日目に良好形態分割胚があり、移植できる状態が全て揃っている場合の新鮮胚移植しか、分割胚移植をおすすめしていません。

胚盤胞移植:採卵5〜6日目に移植可能な胚盤胞に発育した移植です。ほとんどが採卵周期に凍結し、別周期に融解しての胚盤胞移植です。


当院において2018年から2020年に実施した生殖補助医療の集計データです。

AMH値と平均採卵数の関係を女性年齢で40歳未満と40歳以上に分けて示しています。

AMH値:卵巣予備機能の指標とされる抗ミュラー管ホルモンの検査値です。

採卵数:当院プロトコールで低刺激法や調節卵巣刺激を行い採卵できた卵子数です。

このデータは必ずしも個々方にあてはまるものではありません。

生殖補助医療の治療成績(初回採卵に絞った成績)

当院において2018年から2020年に実施した体外受精などの生殖補助医療の初回採卵に絞っての胚移植あたりの妊娠率(胎嚢が確認できた割合)です。

 

新鮮胚移植:採卵した周期に胚移植することです。当院では採卵3日目に良好形態の分割胚があり、かつ移植できる条件が揃っている場合に、希望があれば移植可能としています。


融解胚移植:採卵5~6日目に移植可能に発育した胚盤胞を凍結保存し、別周期に融解しての胚移植です。


当院において2018年から2020年に実施した体外受精などの生殖補助医療の初回採卵に絞っての1回の採卵で、少なくとも1回の妊娠や出産があった割合です。

 

累積妊娠率:新鮮胚移植や融解胚移植の回数に関わらず、1回の採卵で妊娠された割合です。

累積生産率:新鮮胚移植や融解胚移植の回数に関わらず、1回の採卵で生児出産された割合です。妊娠されても出産にまで至らないこともありますので、このような指標を示しています。

 

 

日本産科婦人科学会から2019年の体外受精全国集計が2021年に報告されています

(ACTA Obstetrics ET Gynecologica Japonica, Vol 73 No 9. 1089-1110, 2021)

日本産科婦人科学会に体外受精治療の届出をおこなっている施設

「治療数からみた施設分布」  赤印は当院が該当する施設分布です

 

IVF-ET:採卵して通常媒精を実施

Splitt:通常媒精と顕微授精の両方を実施

ICSI(射出精子):採卵して射出精子を用いて顕微授精を実施

ICSI(TESE精子):採卵して精巣内精子採取で得られた精子を用いて顕微授精を実施

GIFT:腹腔鏡を用いて精子と卵子を卵管内に注入

 

凍結融解胚(受精卵):凍結した受精卵を融解して胚移植を実施

凍結融解(未受精卵):凍結融解した未受精卵を用いて治療実施

総治療周期数:458,101周期

移植周期数:253,593周期

妊娠(胎のう確認)周期数: 83,702周期

生産(生まれた)周期数:  58,986周期

 

 

 

FET出生児:受精卵を凍結(通常媒精/顕微授精には関わらず)して融解胚移植を行って出生した児数

ICSI出生児:採卵して顕微授精を行って、その周期に新鮮移植して出生した児数

 IVF出生児:採卵して通常媒精を行って、その周期に新鮮移植して出生した児数

 

 

新鮮胚(採卵した周期の卵)の治療成績です。当院の周期数や%を赤字で示しています

当院での「新鮮胚移植」は、初回の採卵で「卵巣過剰刺激症候群の心配しなくて良い」「ホルモン過剰状態でない」「子宮内膜が8mm 以上ある」など、子宮移植できる環境で、採卵から3日目に形態良好な分割胚があるときに、新鮮胚移植の選択肢の提示を行なっています。

 

諸条件が揃う方は少なく、また第一選択肢としては胚盤胞までの発育を待っての凍結融解胚移植をおすすめしています。ですので当院の新鮮胚移植の実施周期は多くありません。ですが分割胚では形態良好であっても胚盤胞にまで発育しないこともあります。

 

融解胚移植(通常媒精・Split・顕微授精の媒精方法に関わらず、体外受精で得られた受精卵を凍結し、融解して移植)の全国集計治療成績です。当院成績を赤字で示しています。

 

個別の医療機関の成績が報告されているわけではありませんが、自院成績が全国集計と比較して「どうであるか?」は、より良い医療を提供しようという医療機関にとっても、また医療機関を利用されるカップルにとっても、とても重要な情報です。

 

ただし、女性年齢や治療回数や治療法で成績は大きく異なる可能性がありますので、女性年齢別や治療法別などの成績を確認する必要がありますね。

 

妊娠率/生産率は向かって左側の表示(最大値50%)で確認

 

流産率は向かって右表示(最大値90%)で確認

 

成績総括

 

FET周期:受精卵凍結(通常媒精/顕微授精に関わらず)して融解胚移植を実施した周期数

ICSI周期:採卵して顕微授精を行い新鮮胚移植した周期数

 IVF周期:採卵して通常媒精を行い新鮮胚移植した周期数

 

 

妊娠率/新鮮胚移植:採卵周期の新鮮移植あたりの妊娠率(胎のう確認の割合)

妊娠率/融解胚移植:凍結胚の融解移植あたりの妊娠率(胎のう確認の割合)

生産率/採卵:採卵あたりの生児出産率(2007年以降、採卵周期から全凍結周期を除外)

多胎率:生産された方のうち多胎であった割合