メニュー

ナビダイヤルのご案内

女性健診

0

女性健診のご予約

受付時間: 9:00 - 17:00(土日祝除く)


望妊治療

1

診療受付予約

受付時間  : 8:30 - 13:30
平日の月水金: 8:30 - 17:00

2

検査結果の確認

受付時間: 8:30 - 診療時間内

3

費用・書類に関するお問合せ

月〜金: 9:00 - 16:30
土・日: 9:00 - 13:00

4

その他のお問合せ

受付時間: 8:30 - 18:00
火・木 : 8:30 - 13:00

望妊治療について

治療の流れ

夫婦で情報を共有する

まずは夫婦で「妊娠に向けての情報を確認しましょう。
たとえば「葉酸は妊娠の2か月前から不足しないようにしましょう」、「風疹ワクチン接種はされていますか?」こういった妊娠前から知っておきたいことがあります。
また、「どんな妊娠しにくい原因があるのか?」、「どんな治療法があるのか?」 こういったことも含め当院では情報提供していますので、受診していただいて情報確認・情報整理することから始めましょう!

妊娠しにくい原因を探す

妊娠しにくい原因があるなら、それを見つけて取り除く必要があります。両側の卵管が詰まっていたり、精子が見つからなかったりすると、いくらタイミング法や人工授精しても妊娠できません。「検査をすれば必ず原因が見つかる」といったものではないのですが、まずは「妊娠しにくい原因がないか」を保険診療の範囲内で検査します。ただし、女性年齢が妊娠出産しにくい大きな原因の一つになりますので、ショートカットする考えもあります。

妊娠しにくい原因を除去する

見つかった妊娠しにくい原因に対し、保険診療の範囲内で治療を試みます。
また、保険外検査(抗精子抗体など)を追加して検査範囲を拡大することも考えられます。男性についても検査治療を進める必要があります。
ただし、女性年齢が妊娠出産しにくい大きな原因一つになりますので、ショートカットする考えもあります。

人工授精を試みる

「他に決定的な原因が見つからないのになかなか妊娠できない」、「フーナーテスト(性交後検査)で元気な精子がみつからない」こういった場合には、男性の治療と並行して人工授精を試みることが考えられます。ただし、女性年齢が妊娠出産しにくい大きな原因一つになりますので、ショートカットする考えもあります。

体外受精を試みる

体外受精は、両側の卵管が詰まっていても、精子が人工授精でも不足していても、そのことをカバーする治療法です。
見つかった原因によっては、また、女性年齢や抗ミュラー管ホルモンAMH値によっては、STEP4までをショートカットして体外受精にチャレンジすることも考えられます。

岡山二人クリニックおすすめ治療方針

女性年齢、AMH値、見つかった原因などによっては、ショートカットしてのステップアップも考えられます

  1. 信頼できる情報を獲得し夫婦で知識を共有する(知らないままで決めない)
  2. 検査する(治療方針が、早く、的確に立てられる)
  3. 排卵のタイミングを知る(基礎体温・超音波・尿中LHなど)
  4. 排卵日だけでなく関係をもつほうがよい(あまりの連続射精にも注意)
  5. 明らかな原因がみつかったとき放置しない(治療方針を見直す)
  6. 明らかな原因がみつからないとき腹腔鏡もする?(女性年齢や他因子を考慮する必要)
  7. 明らかな異常がみつからなくてもステップアップを試みる(状況を変える)
  8. 同じ治療は3周期までを目途にする(治療が検査的意味合いを含む)
  9. 人工授精や体外受精でも、女性加齢で妊娠率は低下し、流産率は上昇する
  10. 女性年齢35歳以上ではステップアップを急ぎ、38歳以上では直ぐの体外受精も考慮する